ペーパー薬剤師 50代

薬剤師として働いたのはもう何十年も前の話・・・
薬科大学を出て薬剤師として就職はしたが、ほんの数年働いただけで結婚・出産。
以後は家事と子育てで気付いたらもう50代。
こんな50代のペーパー薬剤師だけでどこか働けるところはないかしら?

これからの人生を考えたら、もう一度再チャレンジしてみたいですよね。

ブランク10年以上の50代のペーパー薬剤師でも働ける職場はたくさんある!チャレンジしてみては?

50代のペーパー薬剤師で求人を探す

「50代のペーパー薬剤師ですが働けるところはありますか?」
そう聞かれたら「はい、たくさんありますよ」とお答えできます。

なぜなら今は薬剤師は売り手市場だからです。

50代ペーパー薬剤師におすすめはドラッグストアの仕事

薬剤師 50代 ドラッグストア
50代のぺーパー薬剤師ならそのブランク期間は相当長いはず。
下手をしたら十年以上はブランクがあると思います。

そんな10年以上もブランクがあるペーパー薬剤師ならば、ちょっと調剤薬局や病院などでのお仕事はハードだと思います。
なぜなら
・新いお薬がたくさん出ているから覚えられない
・保険制度が大幅に改定されているから理解するのが大変
・IT化が進んでいるのでパソコンスキルは必須
・長時間立ちっぱなしの調剤業務は肉体的に大変

だからです。

その点、ドラッグストアの仕事ならかなり楽なはずです。
しかも「薬剤師資格保持者」はかなり好条件で優遇されます。

さらに嬉しいのは自宅の近所に職場がたくさんあることです。
ドラッグストアは今はどこの街でもたくさんあります。
今さら通勤に間人電車に揺られて出社するのは50代の身体には相当疲れます。

50代だからこそお客にアドバイスできることがたくさんある

ドラッグストアでのおきゅあくからの相談は多岐にわたります。
しかし、その多くはあまり医学医的にそこまで専門的なことではなく、日常生活での困りご?や悩みごとです。
ですので50代までの人生経験が役に立ちます。
だてに人生50年以上も生きていなかったあなたなら親切なアドバイスができると思います。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事はそこまで高度な仕事ではないことが多い

今はドラッグストアで調剤ブースを設置しているところが多いですが、正直そんなに来店客はありません。
ですので、在庫薬品数も少なく、おしなべて仕事は楽異なことが多いです。



50代のペーパー薬剤師なら派遣やパート、アルバイトという働き方もおすすめ

50代のペーパー薬剤師なら派遣やパート、アルバイト
50代のペーパー薬剤師なら正社員よりも派遣やパート、アルバイトという働き方もおpすすめです。

派遣の仕事は3ヶ月など短い期間での契約が行われるのが一般的です。
もしもその段階で「やっぱり私には無理!しんどい!」と判断できればそのタイミングで退職という選択もしやすくなります。
また今は派遣でも社会保険に加入することも可能です。

それにパートやアルバイトならばも勤務地や勤務時間などにも自分の津後言うに合わせやすいメリットがあります。

50代ならば肉体的にもあまり無理はできません。
50代ならばなかなか新しい小友おぼ癒えにくくなってきます。
だからこそ50代のぺーパー薬剤師ならパートやアルバイトという選択もありだと思います。

ただ50代ペーパー薬剤師の求人を探すのは難しい

求人が見つからない50代ペーパー薬剤師
薬剤師が欲しい企業は、なにも好き好んで50代ペーパー薬剤師を雇いたいとは考えていません。
ですので、他に若くて経験豊富な薬剤師がいれば、どうしてもそちらを優先的に採用したいと考えるのが普通です。

ですので、最初から一般公募で就職先を50代ペーパー薬剤師の方におすすめできません。

50代ペーパー薬剤師だからこそ上手く転職エージェントを活用しよう

50代ペーパー薬剤師だからこそうまく転職エージェントを活用してください。
薬剤師専門転職エージェントは企業からのさまざまな要望を把握しています。
先にあなたのことを企業にある程度のことをの伝えたうえで検討してもらいます。
ですので、面接など話が進んだ場合には採用される確率は高いことが多いです。

新たに仕事探しで何社も何社も続けて不採用なら心が折れてしまいますよね、
だからこそ、予め薬剤師転職エージェントにあなたのスキルや希望条件を伝えておけば、それでも採用したいという企業が現れるまで待っていればいいだけです。

50代のペーパー薬剤師であっても臆することはありません。
こんな風に薬剤師専門転職エージェントの「ファゲット」さんでも50代の方もウエルカムなんです。



\おすすめ転職エージェント/
ファゲットに相談してみる