結婚・出産で薬剤師の仕事をいったん辞めた方も少なくはありません。
今まさに子育てと薬剤師の仕事の両立で悩んでいる方もいるでしょう。
しかし、不安は薬剤師の仕事のブランクと子育て・家事との両立ではないでしょうか?
みんな子育てと薬剤師の仕事との両立に悩んでいます。


【子育てと仕事 どっちかを選んでもいい】


夫の収入もあるから別に生活に困っているわけではないけれど?
でも、せっかく苦労して取得した薬剤師の資格を活かしたいですよね!



そんなジレンマのあるママ薬剤師に最強の働き方ってどんなものでしょうか?

子育て中のママ薬剤師の働き方で最優先することはなに?

薬剤師 ママ

結婚・出産で一度退職したママ薬剤s師なら仕事復帰に不安があって当然です。
また再び薬剤師の仕事に戻るとしても以前とは少し事情が異なるからです。
そこで子育てとブランクのあるママ薬剤師のあなたの優先事項はなんでしょうか?
お給料?
家事や子育ての両立?
人間関係に悩まず楽しく働きたい?
他にもいろいろあると思います。

子育てとブランクのあるママさん薬剤師の最強の働き方を実現するに
その中で最優先事項をあらかじめ決めておかなければなりません。

子育て中のママ薬剤師の働き方で最優先は「18時まで」の求人を探す

保育園のお迎え時間は17〜18時が最も一般的な時間です。
17時が定時退社の会社が多いので、多くの保育園では「17〜18時の間にお迎えに来てくださいください」と指示されます。
しかし今は共働き夫婦も多く、多少の融通を利いてくれるところが多いです。
それでも19時までがガン度のところがほとんどです。
職場から保育園の移動時間まで考えれば、薬剤師の勤務時間は18時までのところを探すべきです。

子育て中のママ薬剤師の働き方で最優先は「土日休み」の求人を探す

上の子供はまだ小学生。
共働き鵜夫婦だからこそ
シングルマザーだからこそ
子供との触れ合いの時間は少しでも確保したいものです。
ですので子育て中のママ薬剤師なら土日休みの求人を探すべきかもしれません。

しかし、意外と難しいのが、土日休みの薬剤師の求人です。
まれに土日休みの調剤薬局もありますが、かなりそれは少数です。

狙い目は公的病院の門前薬局かもしれません。
今の公的病院は土日の診療を休みにしているところが増えてきています。

ただ現実的に調剤薬局の正社員の薬剤師でで土日休みはかなり難しいです。
ですので、パートや派遣という働き方を選べば可能性は高くなります。

子育て中のママ薬剤師の働き方で転職エージェントは心強い味方

ハローワークや薬剤師求人サイトで自分で探してみても、そんな求人はなかなか見つからないはずです。
まして採用面接で
私 18時までの勤務が希望です
子育てがあるんド江土日は休ませてください
なんて希望を伝えるのはかなり勇気が要りますし、それはなかなか受け入れられないことでしょう。

そこで心強いのが薬剤師専門転職エージェントです・

薬剤師転職エージェントで大手の「ファルマスタッフ」さんでも公式サイトでこんな風にアピールされています。

子育て中のママ薬剤師こそ上手に転職エージェントを活用してくださいね。

\子育て中のママ薬剤師に心強い味方/
ファルマスタッフ 公式サイト

子育てとブランクのあるママ薬剤師の最強の働き方は派遣?パート?正社員?

薬剤師 ママ 働き方
ママ薬剤師の最強の働き方はどんな働き方でしょうか?
多くのママ薬剤師は
フルタイムの正社員として働くのはちょっと・・・
薬剤師としてブラックがあるから復職には不安がある
と二の足を踏んでいることでしょう。

でも、今はこの薬剤師の世界でも色々な働き方ができるのです。
今の薬剤師としての働き方は
正社員
パート/アルバイト
派遣
という働き方があります。

子育てとブランクのあるママ薬剤師が仕事復帰するうえでまず考えなくいてはいけないのがこの「働き方」ではないでしょうか?

もう一度薬剤師として復職する時にどんな働き方を選ぶのか?
正社員として
派遣社員として
パートとして
それぞれにメリットとデメリットがあります。

正社員として働く

正社員とした働くのなら、基本的にはフルタイムで働かなければなりません。
正社員ならば福利厚生もしっかりしていますし、ボーナスもあります。
ただ正社員の薬剤師ならば共働き夫婦として夫の理解も必要になります。
仕事と家事の両立は簡単ではありません。

しかし、正社員だからこそ頑張れば頑張るほどキャリアアップ(昇進・昇給)も期待できます。
ただその分、仕事に対する責任も大きくなります。
エリアマネージャーなどを任されれば、他の薬局店舗の管理や部下やパート社員のマネージメントなど大きなプレッシャーを課されることもあります。
勤務場所も勤務時間もやはり会社の都合が最優先となりますから、あまり自分の事情を伝えにくいものです。

パート社員として働く

パート社員の大きな特徴はなんといっても
勤務時間。勤務場所の選択肢が多い
気軽に働ける
というのが「正社員」と大きな違いです。

自宅の近くで働きたい
夫の扶養控除内(103万円以内)で働きたい
短時間の勤務時間内で働きたい
などもパート社員だからこそ通用する要望なんです。

ただ、やはりその分時給が低くなるのは仕方ありません。
全国平均のパート薬剤師の平均時給は全国平均2200円程度というデータもあります。
参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調査
ただ都市部と地方によってはパートで働く薬剤師の時給にもばらつきがあります。
以外なのは都市部よりもr地方のほうが時給が高い傾向もあることです。
人口が多い東京や京都、大阪などの都市部ではパート薬剤師の人数をそろえやすいためかもしれません。
このあたりも地方部にお住いのママ薬剤師は知っておいてください。。

都市部

東京 2,372円
神奈川 2,231円
京都 2,061円
大阪 2,078円
福岡 2,164円

地方部

青森 2,526円円
山梨 2,560円
静岡 2,388円
島根 2,597円
宮城 1,776円

派遣社員として働く

ちょうど「正社員」と「パート」との中間に位置するのが「派遣社員」としての薬剤師の働き方です。

時間給もパートよりは10%~20%程度アップしますが、そのぶん自由度は限られてきます。
勤務時間や勤務先もパート社員ほどではありませんが正社員と比べたら融通が利きます。

正社員
安定した収入が得られる。
フルタイムで働かなければならない。
キャリアアップ(昇進や昇給)部下の育成や仕事に責任を持たなければいけない
パート
家の近くの勤務先を選べる
キャリアップは望めない
時間給2,200円程度
時間の融通が利きやすい
派遣
時給はパートよりも高いことが多い
時間の融通が利きやすい
キャリアアップは難しい

ママ薬剤師としてどのような働き方をしていくのがいいのか?
それはやはり専門のコンサルタントに相談するのがベターです。
まずはあなたの希望条件をぶつけてそれを了承してくれる会社を探さなければなりません。
それには薬剤師専門転職コンサルタントの力を借りるのがベストです。

ママ薬剤師の転職・復帰におすすめの転職エージェントは「ファゲット」さんです。
ファゲットさんは子育て中のママ薬剤師さんもビッグウエルカムなんです。

\おすすめ転職エージェント/
ファゲットに相談してみる

子育てとブランクのあるママ薬剤師の働き方はどんな勤務先を選べばいい?

薬剤師 勤務先

子育てとブランクのあるママ薬剤師最強の働き方を実現するためにはどんな勤務先を選べばいいのでしょうか?
薬剤師として働く勤務先には
病院や診療所の院内薬局
調剤薬局
ドラッグストア
があります、
それぞれに目地っととデメリットがあります。

分かりやすい動画2つ紹介しておきます。
①【薬剤師の就職】病院?薬局?ドラッグストア?どうやって決める?就職する前に絶対にやった方がいいこと!
②【ドラッグストア薬剤師に質問】年収は?就職すべき?メリットは?ブラック?薬剤師のレベル低い?

【薬剤師の就職】病院?薬局?ドラッグストア?どうやって決める?就職する前に絶対にやった方がいいこと!

【ドラッグストア薬剤師に質問】年収は?就職すべき?メリットは?ブラック?薬剤師のレベル低い?

病院・診療所

子育てとブランクのあるママ薬剤師の復帰する勤務先として病院・診療所はどうなのでしょうか?

【メリット】
調剤薬局ほどバタバタしない
調剤薬局ほど一時に利用者が集中することも少なく焦ラ内で仕事ができます。

【デメリット】
給与水準がやや低め。
調剤薬局やドラグストアに比べて時間給などは10%~20%低めのことが多いようです。
病院求人には「要病院勤務経験」の条件が付くこともある
病院勤務の未経験者には就職が少し難しい場合もあります。
院内処方する病院の減少
最近では院内処方する病院や診療所がかなり減ってきました。
人間関係に何がある時もある
院内薬局はあまり人の出入りも少なく、固定化されています。
それゆえに新たな人間関係を築くまでが大変な場合もあります。

調剤薬局

【メリット】
時給が高い

調剤薬局の仕事は、どこで働いても基本的な流れが同じです。
ブランクがあっても「何をすればいいのかわからない!」なんてことにはなりません。
作業の流れがわかりやすいので、未経験者でもすぐに仕事内容を把握できます。

同じママ薬剤師も多い

同じようなママ薬剤師も多いので子育てにも理解が得られることが多いです。

ドラッグストア

ご存知の取通り、ドラッグストアはあなたのご近所にも必ずあるくらい増えてきています。
このドラッグストア絵でも

子育て中のママ薬剤師最強の働き方は扶養内のパートかもしれない

家事や子育てと薬剤師の仕事との両立
それは「正社員」「派遣」では難しいかもしれません。
そう考えると
ママ薬剤師の最強の働き方はパート
かもしれません。

ママ薬剤師がパートで働いて扶養範囲を超えるとい社会保険料がかかってくる

ママ薬剤師が働きすぎると逆に損?
そんな状況が起きてしまうのが社会保険の負担増です。


参考記事:ママ薬剤師のパートで扶養内に抑えるなら週1?週2?週3?のどれ?


住民税・所得税よりも社会保険料のほうが気をつけなければならないことはご理解いただけたでしょうか?

やはり一つの目安は年収130万円以下に抑えるのが良いようです。
となると月収108,333円以内なるようにうまく働き方を調整しなければなりません。
パート薬剤師の平均時給の2,200円で換算すれば1ヵ月約50時間程度となります。
この50時間をどう働くか?
いろいろ工夫しなければなりません。

50時間をどう割り振るか?
1ヵ月を4週間で考えれば週に約12.52時間
週に4日働くのあれば1日3.1時間
週に2日働くのあれば1日6.25時間

このあたりをうまく調整してくれそうな勤務先がベストかもしれません。

ママ薬剤師として「新しい働き方」も探してみませんか?

実は今、薬剤師の働き方も大きく様変わりしつつあります。
例えば
・薬剤関連のお問い合わせ業務(コールセンター)
・治験に関する書類作成
・訪問薬剤師
など薬剤師の資格を活かした仕事もあります。
また最近では
・完全週休2日どころか3日or4日という働き方
・週一勤務のみという働き方
など薬剤師を採用する企業でも多様な働き方を受け入れてくれるところも少しずつ増えてきました。

あなたの今までの常識では考えられないような「薬剤師の新しい働き方」もあることを知っておきましょう。

このあたりは、在職中や休職中のママ薬剤師にはなかなか状況はわからないものです。
思い切って転職エージェントにあなたのわがままをぶつけてみると、意外な答えが返ってくるかもしれません。

\おすすめ転職エージェント/
ファゲットに相談してみる